金津福祉会からのお知らせ

公開日:
避難誘導訓練 7月19日(水)金津サンホームとあわらサンホームが合同で避難訓練を行いました。

今回の訓練は、嶺北あわら消防署署員の方の立会いのもと、

地元新みどり区の役員の方たちにもご協力いただきました。

 

天候の影響で多目的ホールへの避難となりましたが、各棟の責任者の指示のもと、職員が声を掛け合い、

利用者の方々をスムーズに誘導することが出来ました。

消防署署員の方の講評

公開日:
金津まつり(金津サンホーム) 7月15日?17日の3日間に金津まつりが開催され、

地元の方たちが金津サンホームにて、前囃子や太鼓の披露してくれました。

  

15日は水口区の方々が前囃子と子供踊りを披露。

 

 

  

16日は新みどり区の子供たちによる、よさこい踊りと太鼓の演奏。

今年も一生懸命な子供たちの姿に、利用者のみなさんもとても感動した様子でした。

公開日:
FSH(ふくいサンホーム):工事の進捗状況17-07-11

〇鉄骨の建て方もほぼ終了です。

〇外部足場の組み立てと1階部分の土間コンクリートの打設準備中です。

〇工程どおり順調に進んでいます。



〇天気が良かったので屋上に上がりました、西方面(JR福井駅方面)の眺望です。

 



〇南方面です、フェニックス祭りの花火が見えるかも?

 



〇東方面、美山の方向です。

公開日:
法人名称の変更について<金津福祉会からサンホームへ> 〇本年7月1日に、法人名称の変更を行いました。

〇今後の事業の発展的な推移を目指し、新しい名称への変更と主たる事務所の移動を行いました。

 具体的には社名である法人名と、法人のブランド名とも言える金津サンホームとを一致させたいと考えました。

〇平成3年3月に法人の設立認可を得てから、永年用いてきた法人名称からの変更で、一抹の寂しさがありますが、

 このような事情を考えて定款

公開日:
FSH(ふくいサンホーム):天井走行リフトの検討

〇ふくいサンホームで導入予定の天井走行リフトのデモをお願いしました。

〇金津サンホームでは、二人部屋居室全室、脱衣所に天井走行リフトを導入し、併せて、移乗機を数台導入して「ノーリフト介助(持ち上げない介助)」を実践しています。

〇ふくいサンホームは、個室が20部屋あるのでできるだけ多く天井走行リフトを導入し、使用実績のある床走行リフトと移乗機のスカイリフトを併用していきたいと考

公開日:
FSH(ふくいサンホーム):ベッドの検討

〇ふくいサンホームで使用予定の電動ベッドのデモをお願いしました。

金津サンホームで電動ベッドを導入してから二十数年が経っており、この間、細部がいろいろ工夫改良されており、職員にとってはとても使いやすくなっていました。

〇また、寝心地も良くギャッジの状態もずり落ちないように工夫されていて、利用者にとっても安心、安全の面で向上していると感じました。

〇機能と価格の狭間で悩みま

公開日:
FSH(ふくいサンホーム):工事の進捗状況17-07-04

〇6月26日にスタートした鉄骨の建て方も順調に進んでいます。

〇全体の三分の一ほどが完成し、外部の足場組も平行して進んでいます。

〇順調に行けば、今月中ごろには鉄骨工事が完了する予定です。

公開日:
FSH(ふくいサンホーム):事業所説明会(福井特別支援学校)

〇去る6月30日(金)に、福井特別支援学校において教員の方々や保護者の方々に、ふくいサンホームの

事業所説明をさせていただきました。

〇6月9日(金)の福井東特別支援学校での説明会同様、サービスの内容や営業時間、事業所のコンセプトなど

いろいろな貴重なご意見を多方面からいただきました。

〇熱心なご意見をいただき、改めて事業所開設の重要性を認識させていただきました。

公開日:
ICS(インカートクックシステム)の導入?

BEFORE(調理前)        AFTER(調理完成)

※本年4月からICSを導入しましたが、導入目的は以下のとおりです。

?「食の楽しみ」 これを実現するため。

?委託業者の「限界」を改善するため。

?「働き方改革(業務の省力化、そして省略化へ)」により働く環境を改善する。

?コストダウン

?食の安全と安心を担保する。  を目的として導入しました

公開日:
ICS(インカートクックシステム)の導入?

本年4月から、食事の提供に新しいシステム「インカートクックシステム(略称ICS)」を導入しました。

昨年9月から導入を検討 し、年末には導入の方向で法人として組織決定しました。

本年1月からは、委託業者との契約解除の対応、新システム導入に伴う現状の確認と課題の整理、対応策の検討に入りました。

また、直営に伴う人員の採用や、新システムの周知、技術面の習得、人員の教育訓練に