福祉事業に対するご支援に感謝

公開日:

2021年1125日(木) 公益財団法人 福井銀行教育福祉財団様より「社会福祉団体等における福祉機材の整備充実に対する助成事業」の贈呈式が行われ、財団より渡辺常務、齋藤事務局員、福井銀行金津支店 平田支店長に来所いただきました。

初めに、渡辺常務より「離設をする利用者様もいらっしゃるとのことで、ドアセンサーを取り付けることで利用者様の安全を確保することにつながりますので、助成事業を十分にご活用いたければと思います。」とのご挨拶をいただきました。

続いて目録の贈呈がありました。

最後に、田原理事長よりお礼の挨拶があり、式はつつがなく終了いたしました。

終了後、実際に取り付けたドアセンサーをどのように運用しているのか、視察していただきました。

今回、離設行為がみられる利用者が出ていく可能性のあるドア5か所にセンサーを設置しました。

介護課長より、「利用者の手の届かない場所に鍵を設置することも検討しましたが、災害など非常時に避難が難しくなることが考えられるので、センサーを設置することになりました。センサーは、停止ボタンを押せば5分間停止しますので職員が出る際はこちらを使用しています。」等の説明がありました。

お陰様で、公益財団法人 福井銀行教育福祉財団様の助成事業を利用させていただき、ドアセンサーを設置し職員の目の届きにくい箇所をカバーできるようになりました。

福祉事業に対するご支援に感謝すると共に、利用者の方々に安全な生活、サービスが提供できるよう、職員一同邁進してまいります。